日本代表 サッカー ユニフォーム 背番号 なし


鳥栖 ユニフォーム スパイクなどの物品提供を受ける選手が減りつつある中で、YouTuberをはじめとするインフルエンサーへの提供が増加している。 これについて、サッカー系YouTuberのマキヒカ氏は「Jリーグや日本代表のテレビ露出が減り、スパイクが映る場面が限られているのに対し、YouTuberは靴が映ることが多く、スパイクの紹介動画も出すことができる。 スパイクではないが、某プロテインメーカーがとある人気サッカー系YouTuberに10万円の予算でプロモーションを依頼したところ、かなりの反響があり、売上も増加し、費用対効果が抜群に高かったようだ。

その他の興味深い詳細ベガルタ 仙台 ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。